FAQ

プーマのシューズ、バッグのカタログが欲しいのですが?
プーマジャパンではお客様向けカタログをサッカー(シューズ・バッグ・アクセサリー・アパレル)のみお作りしております。ご希望の方はお客様窓口までご連絡ください。
通信販売は行なっていますか?
直営EC サイト(http://jp.puma.com/)がございます。
オンラインストアで取扱いのない商品でお問い合わせがございましたらお客様窓口までご連絡ください。
プーマ商品の修理をしたい場合はどうすればいいのでしょうか?
プーマのサッカースパイク/バック/アクセサリーの修理につきましては、先ず商品をご購入になった販売店にお問い合わせください。
加水分解とは何ですか?
スニーカーのアウトソール(本底)、あるいはその周辺パーツにはポリウレタン素材を使用している商品がございます。
このポリウレタンは高い弾力性と滑りにくいという特性を持つ素材ですが、多湿の環境下に弱く、カビの繁殖によって経時変化を起こし、亀裂・剥離に繋がる恐れがあります。これは加水分解という現象で、ポリウレタンが水分と結びついて化学分解してしまうことです。今の所この加水分解から逃れる術はありません。
しかしながら履いているものと履いていないものを比べると、履いているスニーカーの方が長持ちするといわれています。この経時変化は使用頻度に関わらず発生する可能性がございます。ご理解をお願いいたします。
スニーカーには寿命があります。より長くご愛用頂くために、使用後には汚れを落とし湿気も取り除いてから保管してください。尚、室内では湿気の少ない風通しの良い場所に保管されることをお勧めいたします。
サッカーシューズはどのようにお手入れすれば良いのでしょうか?
天然皮革の場合
  1. 汚れやホコリを取り除く
    <ブラシ>等で、アッパー(甲皮)、アウトソールの汚れを取り除いてください。その際、シューレースを外したほうが、シュータン部分も含め汚れが落ちやすくなります。あまり硬いブラシ(金目のもの等)を使用しますと、アッパー素材を傷つける原因になることがありますので、柔らかいブラシ又はよく絞った濡れ雑巾などで丁寧に汚れをふき取ってください。 <シュークリーナー>をご使用になりますと、スムーズに汚れが落ちるようになります
  2. 余分な水分を取り除く
    天然皮革は水分を含むと革の繊維が硬くなったり、濡れたまま放置しますと、素材強度が弱くなることがあります。雨に濡れたり、汗で湿気を含んだ場合には、下記の方法で水分及び湿気を取り除いてください。 乾いた布でシューズ全体の水分を充分取り除いた後、風通しの良い日陰で陰干しをする。その際、<シュードライヤー>をご使用になりますと、早く乾燥させることができます。日差しの強い日に日向に放置したり、ドライヤー、ストーブ等での乾燥は、アッパー素材を痛めるとともに型崩れや寿命を縮める原因となりますので、絶対に避けてください。
  3. 革に栄養を与える
    サッカーシューズは一度、履いただけで汚れやキズがついてしまうため、アッパーが痛む前からこまめな手入れを行なってください。 <シュークリーム>をご使用になりますと、革を柔らかく保ち、シューズを長持ちさせることができます。
  4. 型崩れを抑えて保管する
    シューズを保管する前には<シューキーパー>で形を整え、必ず日陰で湿気の少ない風通しの良い場所に置いてください。また箱にしまう場合には、乾燥剤や防カビ剤を入れてください。
人工皮革の場合
  1. 汚れやホコリを取り除く
    柔らかいブラシ等で、簡単にブラッシングしていただければ、ほとんどの汚れが落ちます。それでも落ちない場合は、シュークリーナーをご使用下さい。